誘拐児/翔田寛

誘拐児

誘拐児

 どうして今頃読んだかさっぱり忘れてしまったのだが、たぶん図書館のリクエスト数を目にして、じゃあ私も読んでみようと思ったんじゃないかと思う。
 さすがにプロとして書いてあるだけあって安定した面白さはある。しかし、落ち着いた渋さはあっても、地味すぎてサスペンスとしてもミステリとしても、驚きがなかった。 
 一番残念だったのが、冒頭の身代金受け渡しの場面から期待したようなサスペンスフルな話の展開にはならなかったことだ。人物の書き分けが出来てなかったのも、盛り上がらなかった理由だろう。何度も読み返さないといけないのでは辛い。といっても、途中まではかなり面白く読めたのも事実。しかし読めば読むほどどうでもよくなり、だんだんと地味で詰まらなくなっていった。謎解きやラストで綺麗にまとめたつもりが、全く説得力がなかったのも、白けた原因だろう。